セキュリティ対策について

Hoicでは安全なセキュリティ対策を
行なっています

Hoic(ホイック)は大切な情報を登録するシステムとして、
情報漏洩や不正アクセス防止など、さまざまなセキュリティ対策を行っております。
安心してHoic(ホイック)をご利用いただく為の取り組みをご紹介します。

アクセス権の設定

Hoic(ホイック)には園児や保護者の個人情報や登・降園情報、自治体へ提出する監査用の書類など、さまざまなデーターが登録されています。その個人情報を含む大切な情報を全職員が閲覧できてしまうのでは、情報漏洩のリスクも高まります。
Hoic(ホイック)ではアクセス権を設定し、閲覧や編集をできるデーターに制限をかけることができます。園長先生のみ閲覧編集できる情報、一般の保育士が日々の業務で閲覧編集で使用するデータなど権限設定が可能です。
園長・主任・スタッフ・保育士の他にも施設に合わせて役職名別に追加でき、園児情報、職員管理、シフト管理など項目ごとに設定できます。

IPアドレス制限

Hoic(ホイック)はインターネットが使用できるスマートフォンやパソコンなどがあれば、 いつでもどこでも利用できることができるので導入の手軽さと便利さでご好評いただいています。
しかし、便利な反面、個人情報の漏洩などセキュリティが不安と感じる方も。Hoic(ホイック)ではシステムにアクセスできるIPアドレスを設定することができます。職員の個人携帯や自宅のパソコン、その他外部の端末からの利用をシャットアウト。登録したIPアドレス以外からはアクセス制限をかけてHoic(ホイック)システムにアクセスすることができません。

データー送信は暗号化で安心

Hoic(ホイック)では、SSL(Secure Socket Layer)によるセキュリティ強化を行っています。SSL(Secure Socket Layer)は、ウェブサーバー向けに発行されるデジタル証明書で、発信データの改ざん防止や暗号化による情報内容を保護することができます。
個人情報の登録や保護者様への情報送信などを、外部の危険から守り安心してご利用いただけます。

アマゾン ウェブ サービス (AWS)を採用

Hoic(ホイック)はアマゾン ウェブ サービス (AWS)を採用しお客様のデータを安全に保管しています。アマゾン ウェブ サービス (AWS)とは、世界で最も信頼性の高いクラウドプラットフォームとして、国内外の多数の企業がユーザーサービスのシステムとして採用しています。
Hoic(ホイック)に登録された大切なデーターは、サーバー上で複数回バックアップし、データの破損や消失のリスク回避を行っています。

SECURITY ACTION (セキュリティ対策自己宣言)

「SECURITY ACTION」は安全・安心なIT社会を実現するために創設された、情報セキュリティ対策に取組むことを自己宣言する制度です。
「5分でできる!情報セキュリティ自社診断」で自社の状況を把握したうえで、「情報セキュリティポリシー(基本方針)」を定め、外部に公開したことを宣言しました。
Hoic(ホイック)はSECURITY ACTIONを宣言し、お客様へ安心してご利用しただけるICTシステムサービスをご提供いたします。

プライバシーマーク(Pマーク)取得

Hoic(ホイック)のシステム構築・販売を行う株式会社エクシオジャパンはプライバシーマーク認定企業として、お客様の個人情報を管理するにあたり、細心の注意を払い情報を取り扱っております。

プライバシーマーク制度とは

プライバシーマーク制度とは、日本工業規格JIS Q 15001「個人情報保護マネジメントシステム-要求事項」に適合して、個人情報について適切な保護措置を講ずる体制を整備している民間事業者に対し、第三者機関である(財)日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)及びその指定機関が評価・認定して、その旨を示すプライバシーマークを付与し、事業活動に関してプライバシーマークの使用を認める制度です。

オンライン相談も受付中
お気軽になんでもご相談ください。

☎ 050-8881-1377
(受付 10:00-17:00 / 定休日: 土日祝)

導入済みの方専用のお問合せ
☎ 050-8881-1388
(受付 9:00-17:00 / 定休日: 日曜)