メインイメージ

保育園で行っている感染症対策ってどんなものがあるの?

2021年02月12日

 

子どもたちは大人に比べて感染症に対する抵抗力が弱く、自分で対策をすることができません。そのため、集団活動である保育園での感染症対策は保育士や大人が徹底的に行わなければなりません!

保育園内で広がる感染症とは?

感染症といっても、発熱、腹痛、結膜炎など症状や感染経路はさまざまです。まずは、子どもたちがかかりやすい感染症を把握しておく必要がありますね。

 

では、毎年園内でどんな感染症が流行っているのか感染経路や症状も含めて見ていきましょう。

 

園内で広がる主な感染症とは?

 

<span style=”background-color: #fff879;”>〇インフルエンザ</span>

インフルエンザは感染力が非常に強く、冬から春にかけて毎年流行する感染症です。

症状としては38℃以上の発熱、咳、のどの痛みや倦怠感があり、感染経路は咳やくしゃみを介した飛沫感染や接触感染が高いとされています。

 

<span style=”background-color: #fff879;”>〇感染症胃腸炎</span>

感染症胃腸炎は主に冬から春にかけて流行し、ウイルスによって食中毒を起こしたり胃腸炎を引き起こしたりする感染症です。

症状としては腹痛や下痢、嘔吐などが多く、飛沫感染、経口感染、接触感染で広がります。

 

<span style=”background-color: #fff879;”>〇水痘(水ぼうそう)</span>

水痘は水ぼうそうとも呼ばれ、水痘帯状疱疹ウイルスによる感染症です。乳幼児のうちに感染することが多く、免疫ができることで再発症することはありません。

症状としては発熱や水ぶくれを伴う発疹があり、空気感染、飛沫感染、接触感染によって広がります。

 

<span style=”background-color: #fff879;”>〇手足口病</span>

手足口病は発熱と同時に口の中、手のひら、足の裏に水疱性の発疹が出る病気で主に乳幼児がかかりやすいといわれています。感染経路としては経口感染、飛沫感染、接触感染で広がります。

 

<span style=”background-color: #fff879;”>〇新型コロナウイルス感染症</span>

保育園内でのクラスター感染が確認されている新型コロナウイルス感染症は、主に発熱、咳などの呼吸器症状、倦怠感などの症状があり、感染しても無症状のケースも多い感染症です。

感染経路は、熱燗船や接触感染で広がるとされています。

 

これらの他にもまだまだたくさんの感染症があります。

多くの感染症には、予防接種があるものの中にはまだ予防接種がないものまでさまざまです。

 

保育園で行っている感染症予防対策って?

感染症が気になるこの時期、子どもたちにとって安心で安全な場所であるために、園ではどのような感染症予防対策が行われているのでしょうか?

 

<span style=”background-color: #fff879;”>〇こまめな検温

多くの保育園では、登園時、日中の活動内、午睡後など一日に数回検温を行い体調のチェックを行っています。

 

<span style=”background-color: #fff879;”>〇正しい手洗いうがい</span>

園によっては、歌を付けながら時間を図りながらなど子どもたちが積極的に手洗いうがいを行えるような工夫がされています。正しい手洗いうがいを教えることは感染症対策はもちろん日々の手洗い習慣にとても効果的です。

 

<span style=”background-color: #fff879;”>〇アルコール消毒</span>

保育園では、登園前や食後、午睡後、帰園後に徹底的なアルコール消毒が毎日行われています。

給食室はもちろんテーブル、ロッカー、棚、壁、カーテン、床、コットやおもちゃなど保育園内の隅々までアルコール消毒を行っています。

 

<span style=”background-color: #fff879;”>〇こまめな換気</span>

感染症にはこまめな換気が重要!保育園でも1時間に1回10分程度こまめに換気を行っています。冬から春にかけて乾燥がひどい時期には加湿器と換気をあわせて徹底した感染症対策を行っています。

 

<span style=”background-color: #fff879;”>〇マスク</span>

感染症が流行る時期になると、保育士によるマスク着用は欠かせません。感染症予防の基本であるため、保育士以外にも送迎時による園児や保護者のマスク着用の協力をお願いしている園も少なくありません。

 

まとめ

新型コロナウイルス感染症の流行により、例年よりも感染症が気になるこの頃。

保育園では徹底した感染症予防対策が行われています。

 

ですが!!それで100%安心!とは言い切れません。

家庭内でも子どもたちと楽しく感染症予防、対策をして元気に過ごしましょう♩

オンライン相談も受付中
お気軽になんでもご相談ください。

☎ 050-8881-1377
(受付 10:00-17:00 / 定休日: 土日祝)

導入済みの方専用のお問合せ
☎ 050-8881-1388
(受付 9:00-17:00 / 定休日: 日曜)